某照明メーカー 営業所長 Y・M様

某照明メーカー 営業所長 Y・M様

────────────────────────────

現在、照明業界においてはLEDを筆頭とした省エネ機器を提案することは当然となっています。

また、より少ない光で如何に目的に沿った光環境を創造するかも必要な要素です。

その光環境を提案する立場である照明メーカーが、弊社のCGパースを採用した経緯を聞いてみました。

---弊社のCGパースを採用したきっかけは?--

 2009年あたりからLEDの提案が必要不可欠な条件となってきて、率先して省エネ計算や照度計算などをプランニングに入れていましたが、更にもう一段階上の提案を行う為にCGパースを検討しました。

 

---CGパースを提案に入れた感想は?---

 正直言って、感動したのを覚えています。中井さんのCGは配光データを入力していて、プランニングした空間の光環境を忠実に表現できているので、「これだったら、お客様へは図面を使わなくてもアピール出来る!!」って。

 うちの照明器具の配光データを用いた空間をCGで事前に気に入ってもらえたら、うちの器具がその現場において間違いなく採用になりますしね。

 まぁ、CGパースを用いてオーナーや担当の建築士と話していたら、必然的に仲良くなってその後の相談もうちに来るようになりますし(笑)。とにかくメリットは多いです。

 施工後にオーナーと話していたら、社長室にパースが飾ってあった時はビックリしましたよ(笑)。

【CGパースでの提案】
【CGパースでの提案】
【施工後の画像】
【施工後の画像】