GXR A16ユニット購入&カスタマイズ!!

照明CGクリエイターの中井です。

 

ついに、RICOH GXR A16ユニットを購入しました。

24mm-85mmですのでワイドにも使えるレンズです。

 

私はCGパース制作では24mmでレンダリングする事が多いので、色んな意味で活用できればと思っての購入です。。

 

 

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加


もともとS10ユニットを使っていたので、これが2つ目のGXRユニットとなります。

今まで通常使用していたS10ユニット。
今まで通常使用していたS10ユニット。

S10でインテリアを撮影する際は、写真に写っているでっかいレンズのワイドコンバージョンレンズを使用。

 

おそらくこれからもより広角で撮る場面はこちらを使用すると思います!

 

このS10はマクロ(最短撮影距離約1cm)で撮れるのも大きなメリットです。

ちなみに、ワイコンレンズ着用時のアダプターが少しダサイので、カメラ用の貼り替え革を貼って、少し意匠性を高めて使っています。(※誰かのBLOGを参考にしたものです。)

ワイコンレンズを着用したら、こんな感じです。

 

ちょっと、話が脱線しました。。今回購入したA16ユニットの話に戻ります。

 

A16ユニットは、土管レンズと揶揄されるような『ズドン』としたようなレンズです。

 

持ち心地や質感は非常に良いですので、見た目的に少しドレスアップを図ってみようと思います☆

 

目標はこのGXR A12ユニットのような感じ。見た目はこっちの方が好きなんですよね。。

以前S10ユニットのアダプターをドレスアップする際に使用したこのカメラ用の貼り替え革を使用します。

 

これなかなかフィット感がいいんですよ。。

革の品番はこれです。秋葉原のヨドバシで購入しました!

確か¥2,000くらいだったと思います。

RICOHのロゴもあるのでレンズ全体に貼るのはないですよね。。

貼るのは、撮影する際の指を置く位置のみに決めました。

 

幅は9mmでカットです。

 

これを慎重に両面テープで貼って、、、不要な長さの部分をカット。。

 

更に、簡易的に赤いゴムバンドを巻くと、、、、

ほい、完成です!!!!

 

予想通り!!やっぱ格好良くなった☆

 

本当にワンポイントのカスタマイズですが、非常に満足な出来ッス。

 

赤いゴムバンドがちょっとダサイので、これからフィットする格好いいバンドを捜したいと思います^^

ULYSSESのチョコレート色のストラップにもかなりマッチしています♪

 

 

このGXR A16で撮った『LIGHTING OBJET2012』の画像はこちら!!!

暗い所も綺麗に撮れました^^

 

 

レンズフードを着けて、別アングルから!!

 

う~ん、やっぱやってよかった^^

 

邪道だとおっしゃる方もいらっしゃるかと思いますが、まぁ自己満足度は高いカスタマイズでした。。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク