CINEMA4D R15が出る件

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ。

 
 
CINEMA4DのR15が9月に出るようです。
 
 
以下、マクソンのホームページから抜粋です。
 
 

CINEMA 4D Release 15の主な新機能

□レンダリング機能改善

R15では、レンダリング機能が改善され、ハイクオリティな結果をスピーディに得られます。R15ではかつてないほどレンダリングパフォーマンスがアップしています。

 

□モデリング機能の拡張

CINEMA 4Dのモデリング性能を改善しました。新しいインターフェイスのベベルツールは、オブジェクトのエッジ処理や面取りの作業を見直すことにより、クリーンでメッシュのモデリングができます。

 

□ダイナミックなスカルプト

CINEMA 4D Studio R15のスカルプト機能が強化され、スカルプトの微調整や最適化がより簡単に行えます。

操作もより自由に細かくコントロールできるようになり、アーティストは細部までこだわって作業できます。

 

□テクスチャマネージャ

新しい強力なテクスチャ管理ツールにより、複雑シーンファイルでリンク切れしたテクスチャやテクスチャを差し替えが簡単に行えます。

 

□建築用芝生

CINEMA 4D Studioの強力なヘアとファーのエンジンをベースに、新しい芝生マテリアルを機能が追加。CINEMA 4D StudioおよびVisualizeですばやく簡単にオブジェクトに芝生を生やせます。

 

→→→  CINEMA4D R15 紹介ページはこちら

 

 

他にもカメラクレーン機能などいくつか機能が追加されたようですが、内容を見る限り、今回はマイナーチェンジのような感じですね。

 

 

R14で追加されたスカルプトやレンダリングの機能が改善されるのがメインなのでしょう。
 
 
僕としては、建築用芝生というのは楽しみな新機能です。
 
 
まや、ベベル機能変更とテクスチャパスの機能変更は、地味ながら喜ばしい追加機能となりそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク