図面をトレースする2つの方法@CINEMA4D

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ。

今回はパースを作る際の基本中の基本である、図面トレースの方法です。
 
 
シネマ4Dでのトレース方法なので、他のソフトの参考にはならないのでご了承ください。
 
 
僕がこれからお伝えする方法は、dxfなどのCADデータを使わない方法です。
 
 
JPGデータを基に作っていきますので、PDFのみしかもらえないとかの際でも可能と言うことです。
 
 
「CADデータがないけど作って!」と言われた時でも安心です。
 
 
 
では、最初から説明します。
 
 

【1.JPG図面を挿入する必要方法】

まずは図面を挿入する必要がありますので、JPGデータを上面に挿入する方法です。
平面図を上面へ挿入します。設定は、オプションタブから入っていきます。
平面図を上面へ挿入します。設定は、オプションタブから入っていきます。
背景の画像の箇所へドラッグするか、右のボタンから画像を選択する。
背景の画像の箇所へドラッグするか、右のボタンから画像を選択する。
画像はそのままだとトレースする際にスプラインが見えにくいので、透過を60%ほどで設定。
画像はそのままだとトレースする際にスプラインが見えにくいので、透過を60%ほどで設定。

 

ちなみに、右面とかには同じ要領で立面図を貼り付けることももちろん可能です。
 
 

【2.図面の縮尺調整】

次は、図面の縮尺をあわせる方法です。
まずは図面の中で、目安にする寸法線を決める。
まずは図面の中で、目安にする寸法線を決める。
間違いなく縮尺はあっていないので、基準を立方体のプリミティブなどで作成。この場合は、Z方向の2000mmの寸法を目安にするので、立方体はZ方向で2000mmのサイズに設定した。
間違いなく縮尺はあっていないので、基準を立方体のプリミティブなどで作成。この場合は、Z方向の2000mmの寸法を目安にするので、立方体はZ方向で2000mmのサイズに設定した。
背景に貼り付けた図面のサイズを調整。
背景に貼り付けた図面のサイズを調整。

 

お察し通り、このやり方は目視での縮尺調整です。100%あっている訳ではありません。

(100%あわせる場合は、この後引くスプライン間の距離で調整しましょう。)

 

ここまでが図面の準備でした。慣れれば、さほど時間はかからない作業です。

 

この時点でずれていたら、後々修正が大変なので、なるべく正確に設定して下さい。

 

【3.スプラインでトレース】

これからスプラインでトレースしていきます。まずは外壁のトレースをしていきましょう。

スプラインはベジェを使用。
スプラインはベジェを使用。
各ポイントをうっていく。後程ポイントをうつ場所(芯or内側or外側)は説明するが、今回は外側へうっている。
各ポイントをうっていく。後程ポイントをうつ場所(芯or内側or外側)は説明するが、今回は外側へうっている。

 

ここまではまだポイントは水平になっていませんから、ポイントを水平にする作業を行います。

ここからは非常に重要な作業です。

 

ポイント間のズレを調整する。この作業を行うことで、X軸方向のズレ、Z軸方向のズレを全てなくす。
ポイント間のズレを調整する。この作業を行うことで、X軸方向のズレ、Z軸方向のズレを全てなくす。

 

またこの作業の際に、ポイント間の寸法もサイズの部分で正確にする事が出来ます。

 

ここまで出来たらあとはこのスプラインをもとに、壁•床•天井を作るだけですが、ここからが2通り方法があります。
 
A.押し出しナーブスを使う方法と、B.スイープナーブスを使う方法です。
 

【A.押し出しナーブスを使う方法】

押し出しナーブスを使う場合は、トレースするスプラインは壁面の外側か内側に配置する必要があります。
今回は外側に引いているので、内側にアウトラインを引く。
今回は外側に引いているので、内側にアウトラインを引く。
と、、その前に床天井用にスプラインをコピーしておく事を忘れずに。
と、、その前に床天井用にスプラインをコピーしておく事を忘れずに。
アウトラインを作成。今回は内側に引く為-100mmで適用した。
アウトラインを作成。今回は内側に引く為-100mmで適用した。

 

壁厚が違うところは、この後スプラインを個別に移動させましょう。

 

押し出しナーブスで天高分Y軸方向へ押し上げる。
押し出しナーブスで天高分Y軸方向へ押し上げる。
床、天井も押し出しナーブスで作成。
床、天井も押し出しナーブスで作成。

【B.スイープナーブスを使う方法】

スイープナーブスを使う場合は、トレースするスプラインは壁面の芯上に引きます。
スプラインは外壁の芯上に引いていく。
スプラインは外壁の芯上に引いていく。
引いたスプラインをもとに、スイープナーブスを設定。断面は長方形のスプラインプリミティブを使用し、幅(壁面の幅)と高さ(壁面の高さ)を入力する。平面はXY。
引いたスプラインをもとに、スイープナーブスを設定。断面は長方形のスプラインプリミティブを使用し、幅(壁面の幅)と高さ(壁面の高さ)を入力する。平面はXY。
スイープナーブスは、基準となるスプラインが中心になる為、Y軸の位置を調整する必要がある。天高2700mmの場合は、1350mmの位置の高さに基準スプラインを上げる。
スイープナーブスは、基準となるスプラインが中心になる為、Y軸の位置を調整する必要がある。天高2700mmの場合は、1350mmの位置の高さに基準スプラインを上げる。

 

この後は基準スプラインをもとに、Aと同様に床や天井を作成します。

 

スイープナーブスの方が一手間減りますが、壁厚を変更する際はオブジェクト化しなければならないと言う欠点もあります。

 

 

 

長くなりましたが、以上です。
押し出しナーブスを使うか、スイープナーブスを使うかはケースバイケースで使いやすい方を使ってください。
 
 
ちなみに僕は、以前はスイープナーブス方式を使っていましたが、最近は押し出しナーブス方式を使っています。
 
 
どちらの方法でも、スプラインで作っているので、図面の変更があった際も、全てのスプラインのポイントを選択して移動すれば良いので楽です。
 
 
今回は外壁のみをトレースしましたが、もちろん内壁も同じ要領で制作可能です。
 
さっきの図面から内壁も作った参考データ。
さっきの図面から内壁も作った参考データ。

 

今回ご紹介した方法は比較的オーソドックスな方法です。

効率のいいやり方ですので、是非試してみてください。
 
 
では、また。

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加