パース制作事務所、個人から法人へ!


こんにちは。

グラフツーピースの中井俊輔です。


 

法人設立から早1ヶ月。

 

 

この1ヶ月は、法人の新規口座開設や開業届など、制作業務以外でバタバタしていました。

スポンサーリンク


私は今回初めて法人設立に関わりました。

 


戸惑ったり意外に時間がかかったりしたことがあったので、法人設立にあたっての手続きの流れをざっとメモしますね。

 

 

【法人設立の流れ】

0.申請前に用意したもの。

○資本金となるお金

○新会社の実印、銀行印、社判

○定款の内容(取締役、業務内容など)

○顧問を依頼予定の税理士

○登記を依頼予定の司法書士

 

 

1.まず法人設立にあたり、司法書士に登記を依頼する。

費用はおおよそ23万。

(手間さえかければ、個人でも登記できるようです。)

資本金は口座に入っていることを証明しないといけない。

登記を依頼する際には、定款の内容を明確にしておかないといけない。

 

 

2.法人設立日は、申請を受理されたその日となる。

(ちなみに当社は最速での申請をお願いしましたから7月27日になりましたが、設立日は調整出来ます。)

登記簿謄本や印鑑証明書が出来上がってくるのは、申請を出してから約2週間かかる。

 

 

3.約2週間後、登記簿や印鑑証明書が出来上がったら銀行にて口座開設。

法人の口座開設は、審査に約2週間かかる。

(悪用防止などの為、どこの銀行でも最近は審査に時間が掛かるとのことでした。)

 

 

4.法人の開業届を行う。

(当社の場合、開業手続き関係は顧問税理士に全てお願いしました。)

 

 

5.社員を雇う場合、

 ◇管轄の労働基準監督署で、労災保険の手続きを行う。

 ◇管轄のハローワークで、雇用保険の手続きを行う。

 

 

6.事務的な確認。

 ◇給与の計算(所得税や顧問保険料など)。

 ◇ホームページや色々登録しているものの名称の変更。

 ◇クライアントとの契約の変更。 etc

 


とりあえず、この1ヶ月で行った手続きは以上のような感じです。

 

 

ご覧の通り、申請から口座開設まで意外と時間がかかり約1ヶ月もします。

 

 

クライアントへの新口座での請求などは、月をまたぐことを前提に考えておく必要がありますね。

(当社ではとりあえず従来の個人事業時の口座で請求しましたので、入金後、法人に振り替える予定です。)

 

 

そのほか、社会保険の手続きが必要な会社もあるでしょう。

(当社の場合とりあえず各自、社会保険は任意継続、年金は国民年金への変更で対応しました。)

 

 

とまぁ、なんとか1ヶ月で手続き関係は一通り落ち着きました。

 

 

来月からはいよいよ営業に力を入れたいと思います。

 

 

では、また。



【編集後記】

先日は、初めて伊豆大島へ行ってきました。

海や温泉で満喫の予定が、台風の余波で天候が大荒れ。

船は発着しておりなんとか着いたのですが、、結局ホテルでゆっくり仕事してました^^;

とりあえず温泉は気持ち良かったです!

スポンサーリンク